売れなくて困った時は店舗を数字で現してみる。これによってやる事が見えて来る。

シェアする

数字

もしあなたがもっと売上を上げたい、顧客を増やしたいと思うのなら一度開業する時の頭に戻ってみて下さい。

その時に頭って「こんな事してこんな事をやればこの位売るんだろうなぁ」って単純に考えたと思うんです。

これって実は「売上をつくろう」としている作業なんです。

そして今ある売上は基本的に何かと言えば現実なんです。

今の立地に対しての商圏からサービスを得にきた総数なんです。

つくろうと思った時は「想定」なんです。

店舗経営をする際は必ず商圏と言うのがある訳です。もしその商圏の中にあなたが行うサービスを利用する人が多くいれば単純にその立地は良いと言えます。

商圏と言うのは広ければ広い程有利なんです。

その商圏を広くする方法は「特殊化」をする事なんです。簡単に言えば他では得られないサービスであれば商圏は広がります。弊社は店舗ビジネスではありませんが横浜に事務所があります。

ただ依頼される場所は青森、宮城、福島、長野、鹿児島、福井、石川、大阪、神戸、長野、岐阜、関東など・・・時には中国の広州(笑)

これが商圏です。

その為にあまり代わり映えしないサービスであれば競合が生まれて売りにくくなります。

なので何らかの集客をして1年以上経っているのであれば「特殊化」を考えた方が賢明だと思います。

ただでさえ日本の人口は減るし、絶対的な利用者も減る訳です。

競合が倒産しておこぼれがある事もありますがあなたの店舗の売上は今の商圏ではこの程度と言うのが賢い判断だと思います。

例えばチェーン店などでも行っているサービスは全く同じなのに各店の売上は当然異なります。これはやっぱり立地の差なんです。

勿論集客は行うべきですが商圏を広げる努力をしてみて下さい。

これはどんな業種でも出来るはずです。

特にインターネットが普及している日本ですから現在の商圏外に告知するのは簡単なはずです。

特殊化の告知方法は・・・

ブログ、FACEBOOKPAGE、写真・・・これを使って「結果のブランディング」を行うのが一番だと思いますね。

後は集客コンテンツを利用する事ですかね!(naverまとめetc)

うまく行けば全国区で情報が広がります。

ただし、ちゃんと特殊化されていないサービスは逆に危険だから気をつけて下さいね。

スマホ持っている方は是非どうぞ!どんどん登録者増えています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
明日の実務経営意匠研究会(アスケン)の公式アプリ
アスケンアプリ

興味があれば弊社のいろんなプログラムありますのでご覧下さい。

k-s

スポンサーリンク