飲食店の人手不足!経営者は準備しないと!一日も早いP/Lの構造改革(経営意匠変更)を!アルバイト時給が1400円1500円の店舗も!ボーナスを払う店舗も出てきた!

シェアする

アルバイト時給

普通の飲食チェーンでも1400円、1500円を払う会社、店舗が出て来たのが困ります。9日働けば10万円超えます。東京ではもう既に学卒新卒の給料を超える店舗も増えてきたようです。

中には「うちは時給安いけど結構来るよ」と言う方もいるかも知れませんが実際にアルバイト人口は減っているのは現実なんです。

今回お伝えしたいのは・・・

『良く時給を1400円、1500円払えるな?』

ここに着目して頂きたいのです。

多くの飲食店の経営体だと昼の時給で1000円を越えると収益構造が歪んでくるはずです。ここに人件費コントロールをすると間違いなく負担は社員にかかる訳です。

その結末が大手チェーンで起きている店舗閉鎖なんです。

飲食店経営の構造って物凄くシンプルに出来ています。

それは歴史が教えてくれます。

大手チェーンは赤字になってもなかなか倒産はしない。ただし、働く人間がいなくなれば営業は出来なくなる。

なので昨今の飲食店経営って変な事になっているんです。

顧客の取り合いから従業員の取り合い。

そう考えると誰が考えても高い時給が払える店舗や会社の方が有利なんです。

そんな事もあっていわゆるビッグチェーンはここを一番の課題として対策を練っているんです。

その為には売上を上げると言うよりも店舗で働く従業員の生産性が物理的に上がる施策を採らないと具現化は出来ない訳です。つまり従来の飲食店経営では教育によって個々の生産性を上げて行ったのですがここに限界が来ていると言う事です。

簡単に言えば凄く出来るようになっても時給が上げられない構造で経営意匠が組まれていると言う事です。

そんな中で1400円、1500円と時給を初任給から払っている店舗は恐らく2000円払っても歪まない経営意匠になっているんです。これを単純に考えると・・・2000円×176時間/月=352,000円

サラリーマンの平均年収より高いんです。

恐らくこんな店舗で働くスタッフは何も言わなくても頑張るでしょう。

昨今、飲食店経営を取り巻く環境、現状などの報告されるニュースは良い話が全くありません。

ただ、実際にいわゆる従業員を豊かに出来る飲食店って日本にも沢山あるんです。

それも普通の経営者がやっている事。

もし、これを読むあなたが飲食店の経営者ならばこんな経営意匠の店舗はつくれます。

ただし、つくり方は分からないと思いますし、短期間で具現化出来るものでもないと思います。

弊社はここを研究しました。その気づきは4年前になります。もともと飲食店経営コンサルタントだった代表の小野和彦が「経営意匠プランナー」と名称を変更した時と重なります。

そこで小売業全般の経営意匠検証を行いました。

売上高、収益構造、従業員の生産性、客単価、社員の給料、経営者の着目しているポイント・方向性。

そんな事を見たり、直接経営者の方と話していると・・・

経営意匠を外部環境に応じて変えないと、売上減少、赤字転落、最悪は倒産・店舗閉鎖・・・するなって事が分かってきたんです。経営意匠と言っても馴染みはないかも知れませんが弊社では「売り方の設計図」と言っています。

結果から言うと現在皆さんが持つ店舗ってあまり従業員が「豊か」になる経営意匠になっていないと思うんです。それって時間と共に働く人がいなくなって行くベクトルだと思っています。

そして、あるべき形を弊社が明示出来ても実際は変える事は出来ないはずなんです。

それは実際に持っている経営体が弊社に対して依頼する方ごとに異なるからです。

なので弊社が一番頭を使うのは望んだ形になるまでの「プロセスづくり」なんです。

飲食店経営に関わらずここが弊社の一番の経営サポートの中心にあります。

小売店は物凄く経営の形がシンプルです。「投資に対する回収」これだけです。投資してつくった経営意匠で回収が変わるわけです。なら知っている人から教わって回収しやすい経営意匠づくりをした方が未来は変わると思います。

そのアドバイスをしたいので「あなたの店舗拝見させて下さい」と言うのが弊社が行う店舗診断です。

こんな考えを共有して頂けると経営者の方に弊社の店舗診断を利用して頂けたら弊社も依頼者の方もハッピーになれると思って同業他社とは全く異なる切り口で経営サポートをしています。

興味がある方はWEBの求人広告よりも安い値段で店舗まで伺いますのでご利用下さい。

「ゆっくり一日話しましょう!」

リトルライオンのワンディサービス:店舗診断

スマホ持っている方は是非どうぞ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
明日の実務経営意匠研究会(アスケン)の公式アプリ
アスケンアプリ

興味があれば弊社のいろんなプログラムありますのでご覧下さい。

k-s

スポンサーリンク