店舗経営で売上を上げたいと思ったら視点を変えたら簡単に上がる。リトルライオン

シェアする

売上を上げる

売上が下がってくるとどうしても上げようとする。ただ実業である店舗経営は上げようとするとどうしても上手くいかない。

それは視点を間違うからです。つまり行動が違うと言う事です。結果売上が上がる行動ではなくなっているんです。そして結果が出ないから途中で諦めたり、忘れようとしたりする。

そして最後はモティベーションを失って結果何もしなくなる。これが世の中でずっと繰り返されている事なんです。

そんな時は視点を変える事。

今、数字良くないんですよね!・・・店でやっている事が同じであれば数字は良くならないんじゃないですか?

そう、だから「違う事」やるべきです。・・・変化!

数字が良いとか悪いって・・・あくまでも自分で考えた指標。

本当は数字って店で行って顧客に表現出来ている結果。

そこで作られているのが「売上」な訳です。

例えば月商200万円の店舗を300万円にしたいなら、300万円の売上をつくる行動が出来ていれば良いだけ!

どうしても売上を上げようとすると「良い事」の積み重ねをして上げようとしてしまう。

そうでなくて「売上はつくる」ものなんです。

なので弊社では「売上構築」って言います。

弊社が関わってきた4桁数の依頼者の方で売上を上げられない人は「上げよう」として店舗や数字を見ている。

ただ見慣れた店舗においては身近すぎて視点を変えるのは難しいかも知れません。

今までも「ワンディアドバイス」を受けて貰って弊社の視点で見たら意外に簡単に売上が上がった実例はごまんとあります。

どうしても経営をずっとやっているとどんな人でも「売り手目線」になる。

ただし、売上を上げられる人は「顧客目線(買い手目線)」ですね!

この仕事をして20年して思った事。

まだ、10名もあった事がない。・・・・売上作れる人。

ヒントは・・・月商200万円の店舗を持っている人で400万円の売上に出来る人は400万円になった状態が認識出来て売上の作り方の行動を伝えられる人。

だから・・・400万円の店舗をオペレートした人は400万円近辺までの構築は出来るけど600万円、1000万円の構築はその経験値のある人しか出来ない。

仮に出来てもすぐに400万円まで落とす。

つまり、このシュミレーション出来ない人は絶対に売上はつくれない。

多くの専門家はここまで書かない。

何でかと言えば「教える事が出来ない」からでしょう。

なので売上つくるのに集客は大事だけどあくまでも手段の1つ。つくるのは「やり方」変えないと無理です。

店舗経営者が絶対に必須で知らないといけない事を書きました。

スマホ持っている方は是非どうぞ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
明日の実務経営意匠研究会(アスケン)の公式アプリ
アスケンアプリ

興味があれば弊社のいろんなプログラムありますのでご覧下さい。

k-s

スポンサーリンク