飲食・小売業の売上はまだまだ大きく上がります。まずは読んでみて下さい。分かれば勝ちです

シェアする


リトルライオン001


自店の「売り方を構築」して「教育された人が売って行く」

この方法で成功事例を作ってコピペすれば良い。

飲食業・小売業の経営でもし「売上」を上げたいと思ったらやる事は非常にシンプルです。

飲食業でも小売業でも実は「売りやすい形」「売りやすい仕組み」みたなものがあるのは経営されている方であればなんとなく分かると思います。

これが「売りにくい形」「売りにくい仕組み」でつくられた店舗は基本的に「売るのに損」なんです。同時に「売るのに損」な店舗は働く従業員を多く使わないと売れなくなっている訳です。

では店舗ってどうやってつくられるのでしょうか?

多くの場合は設計士の方や施工業者の方がプランの起案をします。そして多くの場合、簡単なチェックによって、そのまま作られます。

彼らは設計や施工のプロですが「売りやすい形」「売りやすい仕組み」を知っているプロではないのです。

私達も何千と言う店舗診断をしてきましたが「売りにくい形」「売りにくい仕組み」どころか「損益分岐点を越えない店舗」もみてきました。やはりそんな店舗は開業から一度も黒字にならない訳です。

特に飲食業の場合は「調理工程」「提供工程」等で時間のとられる仕組みになっていると致命傷になります。それは家庭の主婦が家族の分をつくるレベルの話ではないからです。

あなたのお店は顧客が憤慨しないレベルでいくつの商品が提供出来ますか?

当然、滞店時間が長い業態であれば客単価の設定も考えないといけないし、仕込みにかかる人件費も考えるべきなんです。つまり、様々な要素はありますが全てが殆ど「数字」で表現出来ます。

なので大手チェーンって同じ坪面積で個人店より大きく売上を上げますよね?

このあたりの構築が違う訳です。

ここを私達は「ベース」とか「オペレーション構築」と呼んでいます。

それが出来てから働くスタッフをはめて行く訳です。

「売りやすい環境をつくって人を入れて行く」

つまり、教育する内容も明確になるし、教えるスピードも早くなるし、教わった人はそのまま教えられるし、店舗スタッフの「売る」レベルが日々上がっていく訳です。

生産性と言う言葉はご存知でしょうか?

つまり物理的に1時間に4000円売るスタッフもつくれるし、2000円しか売れないスタッフまでしかつくれない場合もある訳です。この差はどこにあるのでしょうか?

オペレーションの構築具合によります。

一度、自店の1日の総売上を総労働時間で割ってみて下さい。

では逆にこの事を知っていてもこれが分からない経営者の方は何をしているでしょうか?

「売れる商品の開発」

「集客の研究・実施」

「思いつきでいろいろやっている」

これもまた1つの経営なのかも知れません。

では実際に「オペレーション構築」したり、それに伴う「店舗スタッフの教育」をした結果どんな実績が出たか?飲食店の例を挙げてみたいと思います。

①2ケ月で売上が4.7倍になった飲食店がありました。

②女性店長が2ケ月で200万円以上の売上アップに成功しました。

③日商280万円が最高売上の飲食店で日商420万円を達成

④月商100万円に満たない店舗経営者が今では6店舗の大繁盛店を持つ人になりました。

⑤大手チェーンでオペレーションの考え方、スタッフへの教育研修した結果。軒並み130%以上の売上に!

不思議なのは殆どの案件で私達と一緒にオペレーションを組んだり教育した中心メンバーは入社2~3年の女性社員やアルバイトの方達なんです。勿論ベテランスタッフの方もいますが何が言いたいかと言えば誰でも理解して行動出来る内容と言う事です。

なので言い切れます。

店舗で働くスタッフを教育すると大きく売上は伸びます。ただし、何を教育するかが物凄く重要なんです。

と同時にオペレーションが組まれていない店舗は何を教育しても数字好転しません。

つまり、店舗の売るしくみで売る販売力を「物理的販売力」、人間の売る力を「人的販売力」と言います。

なので「人的販売力=売上」となります。

オペレーション構築すると基本的に良い状態の商品が提供出来ます。

また、小売業もそうですが作業が楽になるので当たり前ですが余力が出来るんです。

つまり、お客様に迷惑をかける事が格段に減ります。

私達の言葉で顧客に迷惑をかける事を「顧客ストレス」と言います。

その影響か?

上記の案件では殆どの店舗で集客はしていません。

どんな現象かと言えば…

「来店頻度が短くなった」

のです。昼に来店した顧客が夜も来店したなんてざらにありました。

当然組み客の業態では新しい顧客をつれてくる方もいました。

なぜこんな事をあえて書くのかはチャンと知って欲しいからなんです。

確かに顧客ストレスの排除での客数増もありました。

そして多くの人は

「オペレーション=効率化」「オペレーション=マニュアル化」

だと思っている方が多いからです。

効率化も狙うのですがプラスで余力を使って顧客をその店のファンにする促しを教育で入れて行きます。マニュアルはありませんがガイドラインを設定して、その枠以内であればクライアントさんに「色づけ」して頂いてもOKにしています。

本来であれば飲食店ではオペレーションに連動したメニューづくりが普通です。

なので多くの店舗では少し入客が増えるとボロボロになると思います。

昨今、飲食店の新規開業では2年で50%、5年で70%が閉鎖と言われていますが閉鎖した殆どの店舗ではオペレーションが組めていないんですね!今の時代は組めていない開業はまず短命です!

なぜかと言えば私達がオペレーションを組んで教えて、スタッフ教育した店舗、会社は「売上で悩んでない」んです。そして今でも出店したり、売上を上げているんです。(2015年2月)

売上を上げて行く方法って沢山あります。

ただ、どんな経営でも普通は「繁盛のさせ方の知識と技術」を持って出来てしまえば勝ちな訳です。

なのでこれを読む方にはどんなに投資してもいつまでに知って出来るかの方が大事して欲しいと思います。

そこを曖昧に経営したらいくら金があっても儲ける事なんてまず出来ないはずです。

顧客に直接接する従業員の行動が変わらない限り絶対に売上が上がったり数字が好転する事はまず無い訳です。

私達も20年以上、店舗経営のサポートやコンサルティグをして来ましたが今は絶対にこのオペレーションを入れるべきだと思っています。

その位にオペレーション構築が入っていない「チェーン」「個人店」が多いと思います。

急いで構築しないとまず今後優秀な人材は確保出来なくなると思います。

他の売上を上げる手法は構築後で良いと思います。

まずは教わった事で数字が出来るともうその時点であなたの知識と技術になる訳です。

そうなればやっている行動に自信が持てるので拍車がかかります。

その後はあなたの自由に経営してみて下さい。

絶対その方が賢いと思います。

——————————————————————–

<簡単に弊社の実績概要>

1700店舗以上の経営サポート、3000名以上の経営者へのコンサルティング、400店舗以上の新規開業、20,000人以上の店舗マネジャー・スタッフへの研修・教育。業態構築、店舗スタッフ研修、ロープレ、OJT、トレーナー養成、店長・エリアマネジャー・スーパーバイザー研修、採用、11店舗以上の組織体系づくり、キャリアパスプラン、社内マネジャー研修、本部機能づくり、店舗帳票管理システム。

<実績店舗>

個人店、中小チェーン、大手チェーン、大型商業施設開業サポート・従業員研修教育、道の駅、高速道路SA・PA、駅関連、公的機関、パワーセンター、飲食店、飲食物販、物販、スーパー、コンビニ、テイクアウト。

お問い合わせは…

事務所所在地
有限会社リトルライオン
神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町1075-2プラネット1F

TEL 045-979-3226

平日9:00~19:00
担当:宍戸慎一良(携帯090-3102-8560)

asuken mail
メールでのお問合わせ
こちらから入力してメールアドレス先に返信させて頂きます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

追伸:弊社リトルライオンが主催するアスケンの無料公式アプリが出来ました。ダウンロードしてお客さんを増やしてしまう人もいるかも知れませんね。

コチラ→http://as.little-lion.com/press-2-325.html

スポンサーリンク

シェアする

フォローする